思いつき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS motoGP フランス

<<   作成日時 : 2011/05/25 18:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のGPで一番盛り上がった125ccクラス。

ラストラップ、最終コーナーで決まるなんて…スタンドから『おぉー』って歓声が上がったくらい。

テロルは、またしても2位。
最終コーナーの手前の入り方で相手の予測を間違えた結果、バトルに負ける事に。
テロルの上島作戦?「どうぞどうぞ〜」が何なのかよくわからない。
自分で前に出て相手を離すまでのペースが作れない自信の無さの現れか?
で、ビニャーレスの出方を確認したかったんだろうけど、最後は「自爆」とも思える失態。
こんな事やっててチャンピオンになれるのか?
まぁ、転倒ノーポイントではないので…良いのか。

それとは対照的なビニャーレス。
スペイン選手権のレベルの高さ、ビニャーレスのポテンシャルの高さを証明した一戦になりました。
これから楽しみな存在ではないですか‼


その125ccで昨年チャンピオンになったマルケスがmoto2クラスでやっと実力発揮。
マルケスの実力をもっと見てみたい。
イアンノーネとのレース終盤のバトルで。
残念ながら、そのイアンノーネは早々に転倒リタイヤで面白さ半減しましたが、ブラドルがしっかりポイント取って表彰台…これはもしかして。
更には高橋も2位。
ただ、モリワキのポテンシャルはもっと高いのでは?と思ってしまう。
今のままでは、タイトル争いに名乗りを上げる事は厳しいのでは?
頑張れ!高橋!


そして、レプソルカラーがスタート直後に前に出たmotoGPクラス。
あのまま上位をホンダワークスがだったらなぁ〜。
そんなレース結果を期待したのですが、一部とても残念な結果が。

VTRを後ろから見るとペドロサの突っ込みすぎに見える。
ところが、前から見るとシモンチェリが被せてラインを塞いでいるように見える。
しかも、シモンチェリのラインは次のコーナーでは飛び出すかどうかギリギリのように見えた。
あそこで無理しなくても、抜く事は出来ただろうに…。

あのままペトロサがマシンを起こさなかったら?どうなっていたのだろう。

シモンチェリは、250cc時代からやらかしてたからなぁ〜。

驚いたのは、ペナルティが出るのが早かった!

この早さで出るなら、ヘレスでのロッシに対してもペナルティ出してもおかしくないだろ?と、思うのは私だけ?


結果、レプソルの1、2フィニッシュは嬉しい事だったが、ペトロサの怪我が気になる。
タイトル争いから脱落しない事を祈る。


次戦の後に来年のmotoGPクラスの参戦チームが発表されるそうです。
これは楽しみです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
motoGP フランス 思いつき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる