思いつき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS motoGP アメリカ

<<   作成日時 : 2008/07/27 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ラグナセカでの開催は、motoGPクラスのみ。
ヘイデンの復活のきっかけになるのか?
残念ながら、ペドロサは怪我のためお休み。
もったいない・・・チャンピオン争いから一歩後退。
影響は大きいと思います。

レースは、ロッシとストーナーの一騎打ち。
ラグナセカ名物『コークスクリュー』でロッシがダートに飛び出して復帰できたのは、かなりラッキー!
その後もロッシのマシンはコーナーでもブレーキングでも安定していましたが、ストーナーのマシンは所々滑ってましたね〜。
途中、両者のスロットルとブレーキのレベルグラフが出ましたが、ストーナー&ドゥカはかなり電子デバイスに助けられているのか?と思わされるような「開けっぷり」でした。
車載カメラで見るリヤタイヤの荒れ具合からすると、ロッシも滑り始めるのか?と思いましたが、その前にストーナーが脱落・・・残念。
BS&ロッシ、シーズン中盤から好調ですね〜。
コレはチャンピオンの可能性もありますね。

表彰式後のインタビューでは、ストーナーは怒ってましたね〜。
コーナー出口で外から被せてきて進路を塞がれたことを言っているのでしょうか?
あの状態で全開で行けば、2台もろとも転倒の危険性もあったのかなぁ・・・。
でもね〜、あの人に関してはそれが普通なのよ〜。
確かに『上手い』と思う。
ただ、過去に「インに飛び込めれば、無理矢理入って(転倒させない程度に)相手を弾き飛ばす」行為を何度もしてきた人ですから・・・。

結局、またもやBS勢が表彰台独占。
ミシュラン勢もドヴィツォーソがホンダ勢でも最高の4位。
ん〜・・・こりゃ来年はタイヤ勢力図がもっとBS寄りになるかもしれませんね〜。
個人的には、タイヤメーカーが2社以上ある事よりも、より多くのライダーが大きなタイム差がなくバトルできる事の方がレースは盛り上がると思います。
今のミシュランユーザーの中には、BSを履いたらもっと上位を走れるライダーがいるのではないか?と考えてしまいます。

このままだとミシュラン、F1と同じように『撤退』?

来年は、ホンダワークスもBSか〜???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふみさん、こんばんは。
今回のラグナセカは、かなり盛り上がって見ていました。
ロッシとストーナーのお互いのラインをあけながらの紳士的なバトルに感動です。
くま(xora)
2008/07/30 22:24
こんばんは。
バトルにエドワーズとヘイデンが絡めなかったのが残念です。
ストーナーのバンク角、すごかったですね。
BSタイヤの技術の高さは驚きです。
ふみ
2008/07/30 22:55
motoGP アメリカ 思いつき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる